しまつと贅沢

あなたのお好み・ご予算・都合の良い日時にあわせて、あなたお一人の為だけに振袖展示会を開催する「横浜 振袖Only for You」いまい呉服店の三代目です。

今日のブログは昨日放送された「おもいっきりDON!」のお話をしようかと思っていたのですが、ある方のブログを拝見して感銘を受けてしまった三代目は(w)、内容を変更して「しまつと贅沢(ぜいたく)」で書かせて頂きます。

「おもいっきりDON」のことは明日ご報告しますね^^

実は・・・このタイトル「しまつと贅沢」も、ある方のブログに書かれていた言葉なんです。

「しまつ」は倹約・節約のことですね。

節約と贅沢は背中合わせだと、その方は紹介してらっしゃいました。

三代目も本当にそう思うのです。

そんな賢い・謙虚な暮らしの中にこそ幸せや充足感を感じることができると思います。

三代目があつかっている着物もそうです。

着物一式をどんどん新しく作るのではなく、古い着物をほどいて仕立て直し再生して着たり、コートをつくる。

そして新しいものは時々買い足して(その時は当店をぜひよろしく!ですw)喜びを味わう。

そんな世界です着物って^^

裂織帯2

この写真の帯は、実は古い着物と羽織をほどいて、びりびりに裂いて糸をつくり織り上げたものなんです。

「裂織」といいます。

裂織帯1

着物の柄は帯になった時にはまったく出てきませんが、その色は活かされています。

これは群馬の桐生にある実力派の織元さんで織っていただいた帯なんです。

こちらは使わなくなった着物や羽織を渡して、「できるだけ明るく」とか「落ち着いた、でもきれいな」などのイメージを伝えるだけです。

あとは織元さんの感性と技術を信頼してお任せします。

何組かのお客さまのお手伝いをさせて頂きましたが、皆さん良い意味で裏切られ、感激してらっしゃいました。

だって、昔むかしに創った、もう派手になって着られないけど愛着のある着物、寸法がぜんぜん足りなくて着られないけど大好きだったおばあちゃんの着物が、いつでも身に着けられる素敵な帯にかわったんです。^^

趣味として「裂織り」をなさっている方もいらっしゃると思いますが、細かいシマツがプロの職人さんは違うんです。

これも着物の世界の「しまつと贅沢」だと思います。^^

三代目が毎日のように着ている作務衣用のロング羽織も、父親の着なくなった紬をほどいて仕立て直したものです。

いまその生地を買ったらとても高価だと思います。だいのお気に入りの羽織になっています^^

倹約しつつそれが贅沢に直結してる…そんな生き方って素敵ですね^^

教えてくださった方に感謝いたします。

さて、弘明寺の桜、定点観測です^^
桜3月23日2  桜3月23日1
もう今かいまか!ですね^^


ブログランキングに参加しています。一日一回の応援クリックを2箇所お願い致します!
『Ctrlキー』を押しながらポチポチっとクリックするとストレスなく応援いただけます^^
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
人気ブログランキングへ 「にほんブログ村」
関連記事


お店のこと | 2010-03-23(Tue) 08:00:16 | トラックバック(-) | コメント:(8)
コメント
こんにちは。
そうですね。しまつするってよく使いますね。倹約 節約 締めていくとかそういう意味ですね。節約と贅沢は背中合わせ もっともなお言葉ですね。この物の溢れた現代にこそ合う言葉だと思います。リサイクルなどもしまつですよね。着物の仕立て直しもしまつなんですね。裂織って初めて聞きましたが素敵ですね。
2010-03-23 火  14:46:14 |  URL | 奈落 #mQop/nM. [編集]
こんばんはー

愛着のある着物が帯に変わってまた使えるって素敵ですね。

着物についてまた新たに知識が付きました!
「裂織」というの知りませんでした。
また色々と教えていただきたいです^^
2010-03-23 火  19:04:03 |  URL | フェレッチオ #- [編集]
ポチっと押しときましたv-218
2010-03-23 火  20:28:44 |  URL | ツー #- [編集]
和服の世界いってすごいですね~
僕の母は最近着付け教室いってたばかりなんですけど…
そういうことは知らないのかな~
2010-03-23 火  23:11:55 |  URL | テッテ #- [編集]
着物はおはしおりの部分があって身丈が長いから
たとえ背が伸びても、裾が擦れてきても
縫い直して着ることが出来るし
染め直せばいつまでも着ることができるって
お茶と和裁の先生からお伺いしたことがあります
お財布にエコ、環境にエコ
それでいてオシャレで引き締まった気持ちにさせてくれる
まさに贅沢v-352

着物に詳しくないので当然「裂織」って知らなかったんだけど
素敵ですね


日本人の知恵ですね
2010-03-23 火  23:40:42 |  URL | 秘密のさいこちゃん #- [編集]
みなさんコメントありがとうございます!

「裂織」さきおりって読むんです。

古い着物を使ったなんて分からないくらい、いやむしろ普通の糸じゃなくて古い着物をつかったからこそ素晴らしい新しい帯になるんです。

昔の日本人ってエコの知恵に溢れていたんですね^^

フェレッチオさん、さいこちゃんさんはお着物が似合うと思いますよ三代目は!^^
2010-03-24 水  06:25:16 |  URL | 三代目 #W5ZASRZU [編集]
三代目さんのプロフィール画像爽やかですね

着物っていいな~日本の伝統っていいな~って

記事を読みながら思いました。

お父様の紬を作務衣にリメイクして

大切に着ていらっしゃっる♪・・・素晴らしいことですね。 

しまつと贅沢に応援ポチリ-ノ
2010-03-24 水  22:13:17 |  URL | otokutokuko #- [編集]
この記事を許して頂けてありがとうございました^^

otokutokukoさんの優しいお心に感謝いたします。

プロフィール画像のこと、ありがとうございますi-229

描いてくださった方がとてもお優しい方で実際よりもかなり爽やかに描いてくださいました^^;

でもそうやって描いて頂けるのはとてもうれしいものですね^^
2010-03-25 木  01:52:37 |  URL | 三代目 #W5ZASRZU [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Copyright © 七五三、綿入れはんてんはおまかせあれ!横浜いまい呉服店 三代目のブログ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース